【中学生向け春の短歌 20選】おすすめ!!春の季語をふらしい短歌作品を紹介!

 

今回は、中学生向けの「春」を題材とした作品についてご紹介します。

 

長い冬が終わり、さまざまな生命が生まれる春という季節には、入学式や卒業式など、新しい出会いがたくさんありますよね。

 

今回は、短歌がまだ和歌と呼ばれていた古い時代の有名作品からオリジナルの短歌作品まで、ぜんぶで20首の短歌をご紹介していきます。

 

短歌職人
あなただけのお気にいりを見つけたり、短歌を詠む際の参考にしてみてくださいね。

 

短歌に春らしさを出す!春の季語を知ろう

 

春の短歌を詠むために必要なことは、歌の中に【季語】を取り入れることです。

 

【季語】とは、春夏秋冬の感じを表すためにそれぞれの季節を表す語として定められた言葉のことです。春の季語には非常にたくさんのものがありますから、ここではその一例をご紹介します。

 

短歌職人
私たちの生活から想像しやすいよう、現代的な季語を選んでみました。

 

 

春の季語

 

【時候や行事に関する春の季語】

建国記念日・入学式・卒業式・入社式・春日祭・花祭り・春祭り・早春・初春・晩春・弥生・春の朝・春の宵・春の夜・暖か・麗らか・花時・八十八夜・夏近し など

 

【お天気や地理に関する春の季語】

春嵐・春光る・春一番・霞・陽炎・蜃気楼・春風・東風・春の月・春の海・山笑う・雪解け・残雪・流氷・潮干潟・春潮

 

【動物に関する春の季語】

仔馬・子猫・蛙(かわず)・虻・蚕・蝶・蜂・蜂の巣・桜貝・白魚・鰆・ワカサギ・雉・コマドリ・燕・ヒバリ・燕の巣 など

 

【生活に関する春の季語】

春眠・蜆汁(しじみじる)・春の夢・梅見・バレンタインデー・四月馬鹿・桃の節句・入学試験・春場所・花の宴・潮干狩り・ゴールデンウィーク・新社員・種蒔き・みどりの日 など

 

 

中学生向け!!春らしい有名短歌集【10選】

 

ここからは、春らしい有名な短歌をご紹介していきます。

 

【NO.1】光孝天皇(百人一首)

『 君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ 』

季語…春の野、若菜

現代語訳…あなたのために春の野原に出て、若菜を摘んだ。そんな私の衣の袖に、早春の雪が降り続いていた

短歌職人
この歌は、“春の七草”を摘む“若菜摘み”という行事を題材にした一首です。この“若菜摘み”は、新春である17日ごろに行われていたとされています。暦の上では春ではありますが、まだまだ寒い季節なので作者の衣手には雪が降ってきたのでしょう。

 

【NO.2】二条后(藤原高子)(古今集)

『 雲のうちに 春はきにけり うぐひすの こほれる涙 今やとくらむ 』

季語…春、うぐひす

現代語訳…雪の降っている間に、春がやってきました。鶯がこぼした、凍った涙はもう溶けているでしょうか

短歌職人
春の訪れを象徴する“鶯(うぐいす)”ですが、この歌ではその美しい声ではなく、鶯の流した涙について触れられています。作者の二条后(藤原高子)はとても美しい人だといわれており、恋多き女性としても知られています。そんな恋多き女性である作者が春を待っていた鶯と許されない恋をしている自分とを重ね合わせていたのかもしれませんね。

 

【NO.3】山上憶良(万葉集)

『 春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ 』

季語…梅の花

現代語訳…春になるとまず咲く我が家の梅の花を、一人で鑑賞しながら春の日を過ごしていよう

短歌職人
“春になるとまず咲く梅の花”ということで、作者は我が家の庭にひと足早い春を感じることができるのですね。春の訪れをたったひとりで感じながら、どんどん暖かくなってゆく春の日々を過ごしているのでしょう。誰にも渡さない、自分だけの春を独り占めしている様子が、素朴で心温まる一首になっています。

 

【NO.4】山部赤人(万葉集)

『 あしひきの 山桜花 日並べて かく咲きたらば いと恋ひめやも 』

季語…山桜花

現代語訳…もしも桜の花が何日も咲いていたら、こんなに恋しいとは思わないでしょう。すぐに散ってしまうからこそ、こんなにも恋しいのです

短歌職人
毎年春になると私たちの目を楽しませ、心を慰めてくれる桜の美しさですが、少しの間にしか咲いていないからこそ、その美しさはいっそう心に染み入るのかもしれませんね。万葉集の時代から、私たちの心は変わっていないのだと驚かされます。

 

【NO.5】在原業平(古今集・伊勢物語)

『 世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 』

季語…桜、春

現代語訳…あなたのために春の野原に出て、若菜を摘んだ。そんな私の衣の袖に、早春の雪が降り続いていた

短歌職人
世の中に桜というものがなかったなら、春になっても咲くのを待ち遠しがったり、散るのを惜しんだりすることもなく、のんびりとした心持ちでいられるだろうに…。

 

【NO.6】西行法師(出典不明)

『 願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃 』

季語…花、春、如月

現代語訳…願いが叶うなら、桜の下で春に死にたい。草木の萌えいづる如月(2)の満月の頃がいいものだ

短歌職人
作者の西行法師は、月と花に関しての歌をたくさん詠みました。願い叶って西行法師はこの歌の通り、216日に亡くなったと言います。古典では、“花”と書けばそれは桜のことを指します。

 

【NO.7】北原白秋(桐の花)

『 いつしかに 春の名残と なりにけり 昆布干し場の たんぽぽの花 』

季語…春の名残

現代語訳…いつの間にか、今年の春も終わりになってしまった。その春を惜しむように、浜辺にある昆布干し場には、たんぽぽの花がたくさん咲いていることだ。

短歌職人
作者の北原白秋は明治43年、神奈川県の漁村に訪れたことがあり、この歌はその時に詠まれたものです。こののどかで麗らかな村の様子が気に入った白秋は、大正2年からはここに引っ越し住居を構えたと言われています。春がすぎつつあり、やがてやってくる夏の訪れを感じさせるような一首です。

 

【NO.8】齋藤茂吉(あらたま)

『 春がすみ とほくながるる 西空に 入り日おほきく なりにけるかも 』

季語…春がすみ

現代語訳…空には春がすみが遠くまでかかっている。そのかすみが流れる西の空に沈んでゆく夕日が、あんなに大きくなっていることだ

短歌職人
春の夕暮れ時は、1年の中でも最も美しい景色であると言われています。遠くまでかすみがかった空に、大きい夕陽が沈んでゆくところが目に浮かぶような一首です。あたたかな風に吹かれながら、日が沈んでいくのを見守る、作者のおだやかな気持ちが伝わってくるようです。

 

【NO.9】土屋文明(出典不明)

『 雪とけし 泉の石に 遊びいでて 拝む蟹をも 食はむとぞする 』

季語…雪とけし

現代語訳…雪解けした泉の石の上に遊びに出てきていた蟹が、はさみを合わせて『どうか食べないでください』と拝むようにしているのに、そんな蟹のことでさえ、私は食べようとしているのだ

短歌職人
この歌は第二次世界大戦の際、作者が疎開先で詠んだ歌であると言われています。戦争中は大変な食糧難であり、普段は食べることのないような小さな命までも食べていたのです。そのことに深く傷つきながらも作者は生き延びるために、この蟹を食べることにしたのでしょう。作者の辛い思いや葛藤が伝わってきます。

 

【NO.10】正岡子規(正岡子規歌集)

『 くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 針やはらかに 春雨のふる 』

季語…薔薇の芽

現代語訳…赤いバラの新芽が二尺ほどに伸びている。その柔らかな棘に、優しい春の雨がふりそそいでいることだ

短歌職人
二尺=約60cmです。薔薇の棘のことを「針」と表現しているところが面白いですね。正岡子規は見たものを見たままに詠むことで、短歌を読んだ人も同じ感覚を味わえるように「写生主義」を徹底していました。

 

中学生向け!!春らしい素人短歌【10選】

 

続いて、中学生の方が詠んだ春にまつわるオリジナル短歌[/marker]をご紹介していきます。

 

【NO.1】

『 春風や 蕾のリボン ときほぐし 届けておくれ 心に花を 』

季語…春風、蕾

短歌職人
 “蕾のリボンときほぐし”は春風が吹くことで、堅い蕾がほぐれ、美しい花が咲き誇る様子を表現しています。春を待ちわびる心を蕾が開花する様子にうまく例えている一首ですね。

 

【NO.2】

『 過ぎ去りて 思えばほんの 数十回 次の桜も 共に愛でたし 』

季語…桜

短歌職人
 作者は、長く続いた夫婦生活を思い出しているのでしょう。とても長い年月を一緒に過ごしたようでいて、1年に1度しか咲かない桜を一緒に見たのは、たったの数十回。そう思うと長い夫婦生活もあっという間のことのように思えますね。来年の桜も、どうか一緒に見られますように。

 

【NO.3】

『 紅白の 梅花咲いて 縁起よく 受験生たち もうすぐ桜 』

季語…梅花、桜

短歌職人
 受験に合格することを、“桜咲く”と言いますね。この歌ではもうすぐ咲くであろう本物の桜と、受験生たちが志望校に合格する“桜咲く”を掛けています。また、梅の花の色が紅白で縁起が良く、そこからも春の訪れを感じているのでしょう。

 

【NO.4】

『 燕来る 失うものも あったけれど ふたたびの春に 燕見つけた 』

季語…燕、春

短歌職人
 “燕(つばめ)”は暖かい季節になると日本にやってきて、あちこちに巣をつくりますね。そんな燕は、“幸せの象徴”をとされています。作者には辛いことがあり、その中で失うものもあったのかもしれませんが、季節がめぐって再び燕の姿を目にしたことで、かすかな希望を感じたのが伝わってくる一首です。

 

【NO.5】

『 陽の下の 庭で鳴いてる 鶯と 白梅の花 春の訪れ 』

季語…鶯、白梅の花、春

短歌職人
 鶯(うぐいす)の鳴き声は春の風物詩のひとつ。かつて、鶯の声を聴くというのは大変縁起の良いこととされていました。耳に入ってくる鶯の声と、目に入ってくる白梅の花の色が、春の訪れを思わせるとても美しい一首です。

 

【NO.6】

『 春の海 ブルーな日々も 手のひらに すくい上げれば 透明となる 』

季語…春の海

短歌職人
 海の深い青色と、自分の憂鬱な“ブルー”の気分とをかけている一首ですね。春先には、季節の変わり目ということもあって、なんとなく気分が憂鬱になる人も多いようです。遠くで見ると青色に見える海の色は、手にすくってみると透明ですよね。海の水を手にすくい上げることで、作者の憂鬱な気持ちもどこかに行ってしまったのではないでしょうか。

 

【NO.7】

『 小さくて 丸みを帯びた 桜貝 波打ち際で 目をこらす君 』

季語…桜貝

短歌職人
 桜貝とは、貝の一種で、白っぽくほんのりと桜色をした小さな形をしています。その大きさは、人間の爪ほどしかありません。波打ち際で桜貝を見つけ出すのはひと苦労でしょうが、“君”は目をこらして一生懸命に貝を探しています。そんな“君”の姿を、作者はどんな想いで見つめているのでしょうか。

 

【NO.8】

『 春と冬 行きつ戻りつ する頃に 開花予想は 春への一歩 』

季語…春、開花予想

短歌職人
 春先に、急に冷え込んだお天気が続くことを“寒の戻り”と言います。この“寒の戻り”の頃、ニュースでは桜の開花予想が伝えられていますね。いつまでたってもやってこない春に、しびれを切らしてしまいそうになりますが、開花予想の報せを聞くと、心躍るのではないでしょうか。

 

【NO.9】

『 目が赤く 泣いたわけでは ないけれど 春の予感よ 花粉の季節 』

季語…春、花粉

短歌職人
 お花見など、楽しいイベントの多い春ですが、人によっては花粉症に苦しめられる時期でもあります。作者のように、花粉症の症状が出ることで、春の訪れを感じる人もいるかもしれませんね。

 

【NO.10】

『 君だけの 春一番に なりたくて まとうピンクの トレンチコート 』

季語…春一番

短歌職人
 “春一番”とは立春を過ぎたころに初めて吹く、強くて暖かい南風のことを言い、この春一番が吹くことで、春がやって来ると言われています。そんな春一番のようになりたくてピンクのトレンチコートをまとう、という行動がとても可愛らしいですね。

 

さいごに

 

今回は、春を題材にした有名短歌集とオリジナル短歌集についてご紹介しました。

 

長い冬が終わり、暖かな陽気に元気をもらうことの多い春は、さまざまな“始まりの季節”であると言えるでしょう。

 

春の風物詩である桜や幸せの象徴とされている燕など、春を表す季語は私たちの生活に古くから関係のあるものが多いですよね。

 

短歌職人
そんな春の季語を取り入れて、オリジナルの短歌を詠んでみたり、あなただけのお気に入りの短歌を見つけたりしてください!
おすすめの記事