【5月の短歌(和歌)集 20選】おすすめ!!5月を感じる有名短歌作品を紹介!

 

5月といえば子どもの日、端午の節句、こいのぼりですね。

 

外はすっかり暖かくなり若葉の様々なみどりの濃淡が美しい、初夏の気持ちのいい季節でもあります。

 

今回は、そんな爽やかな5月を詠ったおすすめの短歌(和歌)を20選ご紹介していきます。

 

短歌職人
ぜひ俳句作りの参考にしてください!

 

5月の有名短歌(和歌)集【昔の短歌(和歌) 10選】

 

まずは昔の短歌(和歌)から有名なものを10選ご紹介いたします。

 

【NO.1】詠み人知らず

『 ほととぎす 鳴くや五月の あやめぐさ あやめも知らぬ 恋もするかな 』

意味:ほととぎすが鳴いている五月に咲いているのがあやめ草。そのあやめ草ではないけれどあやめ(物事の筋道)を見失うくらいの恋をしているのだなあ

短歌職人
古今和歌集の巻頭歌です。「菖蒲(あやめ)」と筋道である「文目(あやめ)」の掛詞も秀逸で言葉の繰り返しもテンポよく人気のある短歌です。昔のあやめは今でいう菖蒲のことで、夏を知らせる鳥「ほととぎす」との組み合わせも5月らしいですね。

 

【NO.2】大中臣能宣

『 昨日まで よそに思ひし あやめ草 けふわがやどの つまと見るかな 』

意味:昨日までは無縁だと思っていたあやめ草を、今日は私の軒先に見ているのだなあ

短歌職人
下の句の「つま(軒先)」と自分の「つま(妻)」が掛詞となっています。今まで無縁と思っていた人とも今日は夫婦になっているのも不思議なことだなあという思いを、咲いてから「あれ?」と気がついた軒先のあやめ草と重ねているのですね。

 

【NO.3】詠み人知らず

『 五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする 』

意味:五月を待って見頃になる花橘の香をかぐと昔の恋しいあの人の袖の香を思い出すよ

短歌職人
香りは思いがけないところでフッと漂ってくるので、嗅覚の思い出というのは視覚的なものよりも心のざわつきが大きい気がします。この歌は古今和歌集に収められている歌ですが、伊勢物語の「花橘」では元夫が自分に気づいていない元妻に接待される場で詠んだとされ、「あなたは懐かしく思い出しませんか?」という意味も込められた場面で使われています。

 

【NO.4】藤原定家

『 かげひたす 水さへ色ぞ 緑なる よもの梢の 同じ若葉に 』

意味:水に映る影さへ緑の色になるほど四方の梢が若葉でいっぱいだよ

短歌職人
「かげひたす」の表現が印象的で、「ぞ」で色を強調しています。「よも」とは前後左右・四方のこと。しかも下にある水までもが緑に染まっていると息を呑みそうな光景ですね。

 

【NO.5】俊恵

『 いかにせむ 山の青葉に なるままに 遠ざかりゆく 花の姿を 』

意味:どう止めればいいのか。山が青葉に覆われていくとともに記憶が遠ざかる花の面影を。

短歌職人
この俊恵という方は東大寺の僧を30年務めた方で、自賛歌の吉野の山を詠んだ歌を始め、山の題材も多く残しています。「花の姿」とはおそらく吉野の桜の姿でしょう。

 

【NO.6】壬生忠岑

『 むかしべや 今も恋しき 時鳥(ほととぎす) ふるさとにしも 啼きて来つらむ 』

意味:昔のことが今でも恋しいのだろうか。ほととぎすはふるさとにも来て鳴いているよ

短歌職人
少し混乱しそうですが、昔を懐かしく思い出しているのはほととぎすの声を聞いている作者であり、その思いをほととぎすで表現しているのです。ふるさとと同じほととぎすの声が今いる場所でも聞こえて郷愁にかられたのでしょう。

 

【NO.7】大伴家持

『 かきつばた 衣に摺りつけ 大夫(ますらお)の 着襲ひ猟する 月は来にけり 』

意味:かきつばたを摺りつけた衣を着たますらお達が猟(薬狩り)をする月がやってきたなあ

短歌職人
かきつばたは、水のあるところに咲く花です。その紫の花で染めた衣を着て行われるのが端午の薬狩りという行事です。薬草を摘んだり漢方にも使われる鹿の若角を取る時期が来たことを詠んでいます。

 

【NO.8】在原業平

『 から衣 着つつ慣れにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ 』

意味:着続けて馴染んだ唐衣のように親しんだ妻が京都にいることを、遠く離れてはるばる来てしまった旅に来て思っているよ

短歌職人
これも「かきつばた」を詠んだ歌なのです・・・がわかりますか?それぞれの句の頭文字が「か」「き」「つ」「は」「た」となっているのです。伊勢物語の中の話で、ある男が旅の途中で休んだ際に沢に咲いていたこの花を見て旅情を詠むようにお題を出し、それに応えた歌がこの歌なのです、なんとも面白い歌の遊び方です。

 

残り二つは2月らしく母の日に添えられそうな母を歌った和歌です。

(※ちなみに日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期ごろですので、この和歌が作られた時代にはまだありません。)

 

【NO.9】丈部真麻呂(はせべのままろ)

『 時々の 花は咲けども 何すれぞ 母とふ花の 咲き出来(でこ)ずけむ 』

意味:季節ごとに花は咲くのにどうして母という名前の花は咲かないのだろうか

短歌職人
「母という名の花があったなら一緒に持っていくのに…」という思いが続く防人の歌です。防人は帰国時に野垂れ死ぬ者も多かったため、故郷を離れた者の郷愁の念は強く、この歌からもヒシヒシと伝わってきます。

 

【NO.10】駿河国防人

『 真木柱(まけはしら) 褒めて造れる 殿のごと いませ母刀自(ははとじ) 面(おめ)変わりせず 』

意味:立派な柱を褒め称えながら造った御殿のように、お母様もいつまでも変わらずお過ごしください。変わらないお顔のままに

短歌職人
「母刀自」とは夫人の尊称です。これも防人がしばらく会えなくなる母親の健康と再会を真に願う想いが込められています。「真木」は檜のことで立派な御殿を造るのに使われていました。作者は大工だったのかもしれません。

 

5月の有名短歌(和歌)集【現代短歌 10選】

 

次は明治以降の現代短歌から10選ご紹介いたします。

 

まずは端午の節句に関する歌からご紹介していきます。

 

【NO.1】葛原妙子

『 鯉のぼりの 大き眼球 せまりゐて 繁(しじ)に青葉と なるを怖るる 』

意味:鯉のぼりの大きな目玉が迫ってくるのが怖いので、青葉が繁ってその季節がくるのが怖いのです

短歌職人
鯉のぼりの目はどこから見ても自分を見ているように描かれているので、ギョロリと見られているようで怖くなる気持ちもよくわかります。

 

【NO.2】田谷鋭

『 ビルのひま 来たりて わづか轟音の 静まるここに 鯉のぼり舞ふ 』

意味:都会のビルの隙間からわずかに轟音が静まったところに鯉のぼりが舞っているよ

短歌職人
都会で鯉のぼりを見ることは珍しいですよね。少し横道に入った場所(隙間)からその姿が見えた景色が嬉しく、一瞬都会の轟音が消えたように感じたのかもしれません。

 

【NO.3】藤島秀憲

『 新聞の 兜を父は 折らんとす 今度五十の 息子のために 』

意味:新聞を使って父は兜を折ろうとしている。今度50歳になる息子のために

短歌職人
幾つになっても子どもは子ども。冗談交じりでの行動かとも思えますが、認知症になった父がかつての小さかった自分の子どものために新聞を折ろうとしている姿を詠んだとのことで、背景を知ると少し切なくなる短歌です。

 

子どもの日の次のイベントは母の日もありますので、次は母と子に関する短歌をご紹介します。

 

【NO.4】俵万智

『 バンザイの 姿勢で眠り いる吾子(あこ)よ そうだバンザイ 生まれてバンザイ 』

意味:バンザイをしている姿勢で眠っているわが子よ。そうだバンザイ、生まれてバンザイだよ

短歌職人
赤ちゃんがこのバンザイ形をして寝ているのはなんとも愛おしい姿です。それを「生まれてバンザイ」と母親の気持ちを重ねて素直に表現しているのがさすが俵さんです。

 

【NO.5】斎藤茂吉

『 ははそはの 母をおもへば 仮初(かりそめ)に 生れこしわれと 豈(あに)おもはめや 』

意味:母をおもへばたまたま私が生まれてきたとは決して思えないことです

短歌職人
「ははそは」とは「母」にかかる枕詞で「ははそ」はコナラの木の別名でもあります。「あに〜や」は、いやありえないという反語表現で私が生まれたのはたまたまではない!必然だ!と強調しているのです。

 

次は5月の花であるバラから続けて花を詠んだものをご紹介いたします。

 

【NO.6】佐藤佐太郎

『 みづからの 光のごとき 明るさを ささげて咲けり くれなゐの薔薇 』

意味:みづから放つ光のような明るさを茎の上に掲げて咲いている紅の薔薇だよ

短歌職人
全ての句に「か」行の音が入っており、その子音のリズム感が心地よく響きます。赤色が灯りのようにぱっと輝いている光に見える輝かしい姿ですね。

 

【NO.7】北原白秋

『 大きなる 紅ばらの花 ゆくりなく ぱっと真紅に ひらきけるかも 』

意味:大きな紅ばらの花がが思いがけずぱっと真っ赤に開いたことだなあ

短歌職人
紅ばらが赤く咲くのは当たり前ですが、「ゆくりなく」思いがけなくぱっと開いたことが驚きと喜びにつながったのですね。

 

【NO.8】与謝野晶子

『 くれなゐの 牡丹咲く日は 大空の 地に従へる ここちこそすれ 』

意味:くれない色の牡丹が咲いている日はその美しさに大空も大地に従っているような気持ちがします

短歌職人
真っ赤な牡丹の存在感の大きさが印象的です。大空を「地に従へる」という大胆な表現は晶子らしいですね。実はこの歌、2014年に愛知の飲食店で発見されたもので、彼女の未発表短歌として当時の話題になりました。

 

【NO.9】袴田ひとみ

『 やはらかに みかんの花のにほひ来て 平らに拡がる 春ゆふつかた 』

意味:やわらかいみかんの花の香りが漂ってきて平らに拡がっていく春の夕方よ

短歌職人
嗅覚を詠った短歌は目をつぶってすうっと息を吸いながら聴きたくなります。「ゆふつかた」は夕方のこと。5月に咲くみかんの花の優しい香りが心をホッとさせてくれる一首です。

 

【NO.10】与謝野晶子

『 かきつばた 扇つかへる 手のしろき 人に夕の 歌書かせまし 』

意味:かきつばたが咲いている側で扇を使っている手が白い人に、夕暮れの歌を書いてもらえたらなあ

短歌職人
5月から6月にかけてさくアヤメ科の「かきつばた」は紫色で花菖蒲に似ています。その紫の花の側で白い手の女性が扇を使っている光景は美人画を見ているようで、さらにその美人に歌を書かせようとは風流この上ないですね。

 

以上、5月の有名短歌集でした!

 

5月のゴールデンウイーク、子どもの日以外にも昭和の日、憲法記念日、みどりの日などの祝日があります。

 

そして、2週目には母の日もありますので、短歌を詠む題材も見つけやすいでしょう。

 

自然を見渡しても咲く花は尽きませんし、初夏の気持ちのいい気候で田植えや八十八夜の茶摘みを詠うのもいいですね。

 

短歌職人
ぜひご自分の周りを見渡してちょうど良い題材を見つけてみてください!
おすすめの記事