【いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える】徹底解説!!意味や表現技法・句切れ・鑑賞文など

 

短歌は、日常の中で思ったことや感じたことを5・7・5・7・7の31音で表現する定型詩です。

 

「みそひともじ」と呼ばれる短い文字数の中で心を表現するこの「短い詩」は、古代から1300年を経た現代でも多くの人々に親しまれています。

 

今回は、第1歌集『サラダ記念日』が社会現象を起こすまでの大ヒットとなり、現代短歌の第一人者として今なお活躍する俵万智の歌「いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」をご紹介します。

 

 

本記事では、いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」の意味や表現技法・句切れ・作者について徹底解説し、鑑賞していきます。

 

「いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」の詳細を解説!

 

いつもより 一分早く 駅に着く 一分君の こと考える

(読み方:いつもより いっぷんはやく えきにつく いっぷんきみの ことかんがえる)

 

作者と出典

この歌の作者は「俵万 智(たわら まち)」です。

 

短歌界ではもちろん短歌にあまり詳しくない人まで、日本ではほとんどの人が名前を知っていると言っても過言ではないくらい有名な歌人です。

 

日常の出来事を分かりやすい言葉選びで表現した短歌に定評があり、親しみやすくそれでいて切り口が斬新な作品は、今もなお多くの人の心を掴んでいます。

 

また、出典は『サラダ記念日』です。

 

1987年(昭和62年)5月に出版された第1歌集で、表題にもなった歌「サラダ記念日」は俵万智の代名詞にもなっています。出版されるやいなや280万部のベストセラーとなり、収められている短歌から合唱曲がつくられたり、いくつもの翻案・パロディ作品が出たりするなど社会現象となりました。それまで短歌に親しみがなかった人にとって、短歌のイメージを変えた一冊と言えるでしょう。

 

現代語訳と意味 (解釈)

この歌は現代語で詠まれているため、読み手がそのまま意味を捉えられるものです。

 

あえて噛み砕いて書き直すとすると、次のような内容になります。

 

「いつもより1分早く駅についた。そのため1分間の時間が生まれた。その1分間、私は『君』のことを考えていた」

 

では、語の意味や文法を確かめながら、この歌の真意を読み取っていきましょう。

 

文法と語の解説

  • 「いつもより」

「いつも」という言葉が、普段から駅を利用していることを表しています。格助詞の「より」は比較の標準・基準を表しているので、「いつも」が比較の基になっていることが分かります。

 

  • 「1分早く駅につく」

初句の「いつも」に比べて、1分早く駅に着いたことが書かれています。「つく」と現在形になっていることから、今がまさに着いた時点なのだということがうかがえます。

 

  • 「1分君のこと考える」

ここでの「1分」は、2句の「1分早く」の1分と同じ時間を表しています。早く着いた分、1分間の時間ができたわけです。そこで、その1分間「君」のことを考えている…。「君」がどういった存在なのかは、ここでは描かれていません。読者が自由に想像を広げられそうですね。

 

「いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」の句切れと表現技法

句切れ

この歌は三句切れです。

 

前半の三句までで「普段よりも1分早く駅に着いた」という状況が説明され、ここで一呼吸。そして、四句と結句では「その1分間に君のことを考えている」という動作(動きというよりは思考ですが)が描かれています。

 

句またがり

4句目から結句にかけて、「君のこと」という言葉がまたがっています。 

 

「句またがり」とは、一つの句(5音・7音)の中に言葉がおさまらず、次の句へまたがって続くことを言います。

 

独特のリズムを生み出したり、言い回しが読み手の印象に残ったりする効果があり、現代短歌ではよく見られます。

 

反復法

反復法とは、同じ言葉や、同じ句を何度も繰り返すことを言います。

 

この歌では、「1分」という言葉が2度使われています。

例えば、「1分早く」ではなく「少し早く」でも歌の意味は通ります。しかし、それでは歌の内容があまり印象に残りません。

 

この歌では「1分」という具体的な時間を繰り返すことによって、より状況や心情がリアルに、鮮明に読者の心に残る効果を生み出していると言えます。

 

「いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」が詠まれた背景

 

この歌が最初に収録されたのは第1歌集の『サラダ記念日』です。

 

作者は当時24歳で、高校の教員になってすぐの年でした。この歌が詠まれた背景について、作者自身が取り立てて語ったことはありません。

 

では、これが俵万智の実体験なのかというと、完全なフィクションとは考えづらいというのが見解です。

 

そもそも短歌は作者が感じたことを詠むものですから、俵万智が「いつもより1分早く着き、1分間の時間ができた」という体験をした可能性は高いです。しかし、そこで「君のことを考えた」かどうかは分かりません。脚色の可能性も考えられます。

 

俵万智の最も有名な「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日」という歌も、作者自身が「褒められた体験は本当だが、サラダではなく唐揚げだった」と話しています。

 

同じように、「いつもより…」の歌も事実をもとに想像を広げたものかもしれませんね。

 

「いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える」の鑑賞

 

【いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える】は、駅に早く着いたことでできた時間に「君」のことを考える、といった何気ないひとコマを描いた歌です。

 

まず一読して、この歌での「君」はどういう存在だと考えるでしょうか。多くの人が、片思いの相手や交際相手などの恋の相手を想像するのではないでしょうか。思いがけずできた時間に、好きな人のことをふと考えてしまう…。

 

こう捉えると、なんとも可愛らしく甘酸っぱい歌です。

 

しかし、「君」が恋の相手ではないとすればどうでしょう。家族、友人、テレビで見た俳優や追いかけているアイドル。「君」が誰かによって、この歌の主人公像も変わってきませんか。初見で恋の歌だと捉えた歌も、視点を変えると色々な読み方ができて面白いですね。

 

作者「俵万智」を簡単にご紹介!

 

俵万智は、現在も短歌界の第一人者として活躍する歌人です。

 

1962年に大阪府門真市で生まれ、13歳で福井に移住。その後上京し早稲田大学第一文学部日本文学科に入学しました。歌人の佐佐木幸綱氏の影響を受けて短歌づくりを始め、1983年には、佐佐木氏編集の歌誌『心の花』に入会。大学卒業後は、神奈川県立橋本高校で国語教諭を1989年まで務めました。

 

1986年に作品『八月の朝』で第32回角川短歌賞受賞。

1987年、後に彼女の代名詞にもなる、第1歌集『サラダ記念日』を出版します。短歌になじみがなかった人にも分かりやすい表現が受け、瞬く間に話題を呼び、この歌集は260万部を超えるベストセラーになりました。『サラダ記念日』は第32回現代歌人協会賞を受賞しています。

 

高校教師として働きながらの活動でしたが、1989年に橋本高校を退職。本人曰く、「ささやかながら与えられた『書く』という畑。それを耕してみたかった。」とのことで、短歌をはじめとする文学界で生きていくことを選んだそうです。

 

その後も第2歌集『かぜのてのひら』、第3歌集『チョコレート革命』と、出版する歌集は度々話題となりました。現在(2021年)は第6歌集まで出版されています。短歌だけでなくエッセイ、小説など活躍の幅を広げ、芝居の脚本に挑戦したことも。現在も季刊誌『考える人』(新潮社)で「考える短歌」を連載中。また19966月から毎週日曜日読売新聞の『読売歌壇』の選と評を務めています。20196月からは西日本新聞にて、「俵万智の一首一会」を隔月で連載しています。

 

プライベートでは200311月に男児を出産。一児の母でもあります。

 

俵万智のその他の作品

 

関連キーワード